長野県新聞協会

長野県新聞協会は地域紙の特性を生かし、政治、経済、文化の交流を促して県民世論の啓発と県民意識の高揚を図り、郷土長野県文化の発展と地域社会の振興に寄与します。

協会について

長野県新聞協会長あいさつ
 
市民タイムス 代表取締役社長 新保 力
 

 当協会は、「長野県内に発行本社を有する地域紙の特性を生かし、政治、経済、文化の交流を促して県民世論の啓発と県民意識の高揚を図り、もって郷土長野県文化の発展を図り、地域社会の振興に寄与する」ことを目的に、昭和55年に発足しました。

 現在の加盟社は一般紙、専門紙を含めて11社、発行総部数は約20万部であります。県単位の新聞社で組織する協会は国内では長野県しかなく、全国的にみても地域紙が多い県で、地域の活力、文化度が高いことを示しています。

 協会では、加盟社各社で最近の新聞記事や事業展開等の情報を交換し合うとともに、各社の発行地域の特色を知るため、毎年開催の定期総会に合わせて、ニュース等で話題となっている場所の見学・研修を行ったり、参加者間の親睦を深めたりしています。

 当協会は、今後も県内各地の文化振興や地域の発展に少しでも役立てるように力を尽くしていく所存です。

役員

 

  • 会長理事

    新保 力(市民タイムス代表取締役)

  • 副会長理事

    関谷邦彦(南信州新聞社代表取締役)

  • 理 事

    水久保節(大糸タイムス代表取締役)

  • 理 事

    北澤 正(須坂新聞代表取締役)

  • 理 事

    武内 浩(長野経済新聞社代表取締役・医療タイムス社代表取締役)

  • 理 事

    薩摩 建(岡谷市民新聞社代表取締役)

  • 理 事

    友田博文(医療タイムス社相談役)

  • 監 事

    高木智彦(小諸新聞社代表取締役)

 

ページのトップへ戻る